注目度抜群!ecサイト運営ノウハウ

取扱商品でサイトデザインを考えよう

ecサイトを作るときにどのよう商品を売るのかということを考えて、サイトデザインをすると商品の見栄えがよくなり、顧客を獲得することにつながります。これはどういうことかというと、ブランドの商品であった場合、あまりに砕けたサイトデザインにしてしまうと商品の高級感を損なうことになります。 これでは、せっかく高級感のある商品でも台無しになってしまうため、お客さんとしてもあまり気持ちのよい買い物をすることができないのです。なので例えば、ブランド品を売るならブティックのような高級感あるデザインにすると、お客さんはまるで高級ブティックにいるような感覚で買い物を楽しんでもらうことができるので気持ちのいい買い物をすることができます。 これで、次回もこののお店を利用したいという気持ちになり、顧客の獲得へとつながっていくのです。なので、サイトデザインをするときは取扱商品の特徴を知り、その商品に合っている雰囲気のお店作りをするのがいいでしょう。

お客さんが利用しやすいように工夫をしなければいけない

ecサイトを作ってもサイトの使い方が不便な場合、お客さんはどんどん離れていってしまいます。そうならないためにもちゃんとしたレイアウトを心がけなければいけません。 たとえば、商品の紹介ページなどが右側にある場合、その画面左側には別の商品ページにリンクできるようにな構成にしておくと、今見ている商品ページから瞬時に別の商品ページにアクセスすることができるので非常に便利でなのです。また、これも重要な事で、お店の連絡先やメールアドレス等のパーソナルな情報をトップページに掲載しておく必要があります。 これはどういうことかというと、ecサイトは基本的に対人商売ではないのでお店の人を確認することができません。本当にこのお店が実在しているかというの明確にするためにも、トップページに住所やメールアドレス等を掲載しておくと、初めてお店を利用する人も安心して利用してもらうことができるので、お店の信頼へとつながるのです。